読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常的に感じる事。

気になって調べたこと。感じた事。思いのまま書いてます!

カジノ??その前に借金や依存性の人達がいる現実に目を向ける!

こんにちは!

前回のカジノ法案可決の
ブログは
みていただけだでしょうか?

パチンコやパチスロでさえ

依存性があるのに
今後カジノが出来たら…

真面目に

*ギャンブル依存性*

*借金*

に焦点を当てて真剣にとらえます!

現時点で借金苦の人や

パチンコ、パチスロ依存性の人も
最後まで見る価値はあります!

パチンコ、パチスロをやる人なら
ある程度わかると思いますが

勝ったり
負けたり
を繰り返しますよね?

ただここ昨今は
勝ったりが減り
勝つ額も減り

増えたのは
負けた回数と
負ける金額の多さのみ。

規制を緩くしたはず
遊びやすさを追求したはずの
規制にも関わらず
この結果。

さっさとなくなればいいこの業界は。

では負けた人

負け続けてる人

借金までいってしまったら…

借金を抱え、
これまでの損を取り替えさなきゃ
いけないという
「焦り」や「プレッシャー」を
感じませんか?
「焦り」や「プレッシャー」
を感じている場合には、
勝負に勝てなくなるという
科学的根拠がでてます残念ながら。

それこそ
パチンコやパチスロに限らず
仕事やスポーツなどでもそうです。
「焦り」や「プレッシャー」があると
上手くいかないということは、
あるあるではないでしょうか??
このことは大学の心理学の先生などに
よって実験なども盛んに行われていて、
科学的にも証明されています。

ただでさえ勝てないパチンコやパチスロ
ますます勝てなくなり、
さらに取り返そうと、
ますます依存症になっていくという、
負のスパイラルへ陥ってしまう流れです。

そう聞いてもまだ、
「パチンコはうまくやれば勝てる!
負けた金はパチンコで勝って返してやる」
という考えを捨てられない方も
多いいかもしれません…

そんなアナタは既に
立派なパチンコ依存症
パチスロ依存症になってます。

試しに
借金を抱えて
パチンコやパチスロをやり、
どの程度勝てるか
記録してみてください。

元々パチンコやパチスロ
還元率は80%~85%程度です。
設定1で機械割が96%なんて
あんなのデタラメにすぎません。
そんな機械割になるまで
いくら使っていくら負ければ
収束するのでしょう?

さて、
ここまでの話で
まだ借金をパチンコやスロットで
返そうと思っている方は
この先は読まなくて結構です。
どうぞそのまま、
債務地獄への道を進んで下さい。

逆に!!!
パチンコやスロット依存症から
抜け出したいと決意した方
その方法を一緒に考えていきましょう!

実は現在、
医療の世界では
ギャンブル依存症
それに伴う借金癖といったものは
精神疾患として認識されていて、
さらにはその治療も受けられるって
知ってましたか?

それこそ昔から、
ギャンブルがやめられないという
依存症者はいたそうですが、
単に自制心がないヤツ、
我慢が出来ないダメ人間で
片付けられていたそうです。
確かに、いわれてみれば
そんな扱いです。

しかし近年では研究が進み、
例えば依存症の患者を検査してみると、
脳の機能のバランスが崩れている
状態であるとか
いろんなことが分かってきたそうです。

治療の面でも、
ギャンブル依存症の専門病棟を
設けている病院や
自助グループ
回復施設といったものがどんどん
出来ているんだそうですよ。
決していきたくはないですが…

あと、大事なのは、
自分は本当にギャンブル依存症
やめたいという意思。
それがなければ、
治療もなにもあったものではないです。

アナタはギャンブルが辞めたいですか?

もうひとつの切実な問題として、
膨れ上がってしまっているパチンコ借金
返済額は人それぞれですが、
少しでも減らす方法がないか
知りたいですよね?

ひとつは
借金の借入先が消費者金融信販会社
(自動融資機でのキャッシングや
自動融資カードローンの場合も含めて)
の場合、過払い金請求の手続きができないかどうか、無料相談できる専門家にお願いしてみる事です。

過払い金って言葉は、
近頃よく聞きますよね?
どんなものかって言うと
債権者(つまり貸し手側)が、
法律を都合よく解釈して、
本来の上限以上に利息を
むしり取った分の事。

借金相談にのってくれる
弁護士事務所や司法書士事務所なんかが、
この過払い金請求についても
依頼できるようになってるのですよ。

今まさに返している借金だけじゃなく、
過去10年以内に払った分も、
不当に払った分の利息を請求できるってことなんで、これはチェックすべき!!
複数から借りている
多重債務者ならなおさらです。

費用が心配なら、
相談が無料で、
費用も取り返した分からの
成功報酬。
闇金融なんかが相手だと、
報酬割合を増やさないとダメらしいですが…

どっちにしても、
借金解決の第一歩として、
減らせる返済金額は減らしておく。
これはかなり大事です。

ギャンブル依存症の治療を始めた、
過払い金請求もした、
あとはコツコツパチンコ借金返済をしていくだけ…
でも簡単じゃないですよね。
そこで、あくまで最終手段ですが、
借金がどうしても返済できない場合の
自己破産について説明しておきます。

これは借金返済がどうしても
困難という時に利用できる
最後の手段として用意されているもの。
例えば手取り収入が月額20万円なのに
借金の返済額がそれを
上回っていて生活費も残らないなんて
場合に、手続きを踏むことで、
借金をチャラにしてもらえるというもの。
でも、簡単に出来るほど甘くないですよ。

と言うのは、パチンコやパチスロなどの
ギャンブルが原因で作った債務には
自己破産は適用外というのが原則の為。

ただし、さっきも言ったように、
近年ではギャンブル依存症精神疾患という認識が広まってきているので、
自己破産が認められるというケースも増えてきています。
だからといって、
アナタの場合もOKという保証はないです。
依存症治療に取り組んでいることや、
人生をやり直そうとしていることをしっかり示さないとダメです。

もうひとつ、
自己破産をした場合には、
官報に氏名が掲載され、
数年間は自動融資カードローンを含む
ローン全般やクレジットカード、
カードによるキャッシングなどが
利用できなくなるので、そのつもりで。

その他、借金解決のやり方には
任意整理や
個人再生といった方法もあります。
いずれにせよ、専門家へ相談しないと
ダメです。

↓↓下記参考↓↓

無料相談で解決!債務整理は樋口総合法律事務所へ

本日までは

カジノ法案可決により
こういった記事になりましたが

今後
国からの依存性対策や
個人借金については
どういった対策になるのか?

今回はパチンコ、パチスロ
例に挙げましたが
競馬も、競輪も、競艇
全てギャンブル依存性です。

初めからなければ
こういった被害者も
少なかったはずです。

全ては儲けたいという
欲望からうまれたもの…

人間はよくもわるくも
怖い生き物だなと感じました。

お金は大切ですね…

年末で気が緩みがちになりますが

私も気を付けよう!!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ がんばるサラリーマンへ
にほんブログ村



ハッピーメール